医師の過失、因果関係、損害の3つが、損害賠償責任の発生要件となります

医療事故が起こって、患者が被害を受けた場合、それによってすぐに医師と病院側に損害賠償の責任が発生するわけではありません。

一般に医療事故の場合に根拠となるのは、医療契約の不履行、医師の不法行為です。そして、その両者で共通して損害賠償責任を発生させる要件が、@医師の過失、A因果関係、B損害の3つです。

医師の過失…過失とは、課せられた注意義務を違反すると認められます。したがって、医師が注意義務を果たしたにも関わらず医療事故が起きてしまった場合には、損害賠償請求は認められません。ただし、医師の注意義務は生命に直結するため、「高度」の注意義務が要求されます。

因果関係…医師の過失と悪しき結果(患者の死亡など)の間に「原因と結果の関係(因果関係)」が認められなければ、損害賠償責任は発生しません。例えば、救急車で運ばれてきた患者に手術を行った際、医師がミスをして手術後に患者が亡くなったとしても、病院に到着した時点で既に手遅れだったと判明した場合には、医師の過失と患者の死亡には因果関係は存在しないことになります。

因果関係は、医師が適切な行為を行っても、患者が助かっていたか微妙なケースが問題となりやすく(ex:がん)、患者の死亡との因果関係を認定するのが困難なケースが多いようです。そこで近年では、患者側への救済策として、患者の死亡を結果とするのではなく、患者の「期待権の侵害」や「延命利益の損失」などを結果と見なし、この点を解決しようという傾向が強くなってきています。

損害…医療事故が起きても、その損害の額が証明されない限り、損害賠償は認められません。損害賠償が金銭によって賠償を求めるものなので、損害も、患者の死亡や手足の麻痺といった事実そのものではなく、その事実を金銭的に評価したものであるとされています。

例えば、患者が死亡した場合、その患者が死亡せずに働き続けていたならば得ていたであろう給料などが損害として評価されます(財産的な損害)。では、片足の軽度の麻痺など、仕事に支障をきたすことがほとんどなく、収入に影響がないと考えられる場合はどうでしょうか? このような場合に損害は発生していないと判断するのは、患者に酷なので、障害の程度に応じて定型的に「労働能力の喪失」を損害として認める運用がなされています。

また、損害には精神的な損害も含まれますが(慰謝料)、そのの程度を金銭的に評価すること困難であるといえます。そこで、先例の蓄積から、請求して認められる慰謝料の額はだいたい決まっています。

 
Copyright (C) 2015 医療訴訟に備える!医師賠償責任保険の基礎知識 All Rights Reserved.